logo_tf_s.png
三菱商事が1000億円規模のインフラファンド、鉄道・空港・道路など対象

三菱商事が設立した100%子会社が、国内のインフラに投資する私募ファンドを11月中に組成して運用を始める見通しになった。運用額は1000億円を目指す。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close