logo_tf_s.png
日本初の動物公園PPPで「エージェント」の応募ゼロ、盛岡市

アフリカゾウやキリン、ライオンなど約100種類の動物を飼育している岩手県の盛岡市動物公園。盛岡市は、年2億5000万円前後の赤字を出すこの動物公園を「PPPエージェント(代理人)方式」で「稼ぐインフラ」にするため、PPPエージェントを公募したが、期限の10月25日までに応募がなかった。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close