logo_tf_s.png
西尾市長がPFI事業の一時中止を発表、SPCは困惑

総額198億円のPFI事業の凍結・見直しを掲げる愛知県西尾市の中村健市長は10月30日、事業を一時中止すると発表した。2018年3月までに事業内容を検証し、継続するかどうかを判断する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close