logo_tf_s.png
売上高150億円見込む、愛知道路コンセッションの1年(1)

8路線、72.5kmの有料道路の運営を、民間事業者に委託した愛知県のコンセッション事業。特別目的会社(SPC)の愛知道路コンセッション株式会社が運営を開始してから、10月1日で1年が経過した。民間運営になって何が変わったのか。現地を訪ねた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close