logo_tf_s.png
総額198億円、西尾市PFI見直しの行方(1)

総額198億円。民間事業者1グループに最長30年にわたって業務を委託する「西尾市方式」と呼ばれるPFI事業が、契約後に見直しを迫られている。6月の市長選挙で、事業の凍結を公約に掲げた候補が勝ち、新市長に就任したからだ。巨大PFI事業はどうなるのか。(全4回)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close