logo_tf_s.png
選ばれた理由:高松空港運営権、三菱地所連合は設備投資で勝った

高松空港運営の優先交渉権者に選ばれた三菱地所、大成建設、パシフィックコンサルタンツ、シンボルタワー開発のコンソーシアムは、1次審査は最下位通過だった。2次審査では、設備投資や運営権対価の項目で高得点を出して1位となった。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close