logo_tf_s.png
愛知県がスタートアップ支援拠点にコンセッション

愛知県は、スタートアップ企業の支援拠点「ステーションAi」の整備・運営にPFIのBT方式(事業者が自らの提案を基に設計・建設後、行政に施設の所有権を移す方式)とコンセッション方式を導入する計画だ。2020年7月ごろに優先交渉権者を選び、20年度から整備する。設計・建設期間は1年7カ月ほど、運営期間は15年以上を予定している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close