logo_tf_s.png
高松空港コンセッションの1年半(1)計画前倒しで駐車場を増やす

コンセッション方式による高松空港(高松市)の運営が2018年4月に始まって1年半が経った。この間、運営する高松空港株式会社(高松市)は、マスタープランよりも前倒しで駐車場を増設するなど成果を出している。一方で、優先交渉権者の決定時に「壮大な目標」だと話題になった「15年後の旅客数307万人」達成のハードルは高い。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close