logo_tf_s.png
着床式 国内初の実大実証/浮体式 海事協が設計承認/大林組 洋上風力発電で建設技術確立

大林組は、着床式と浮体式の両方の洋上風力発電施設建設技術を確立した。着床式では国内で初めて実大規模の風車を設置・撤去して基礎の適合性を実証した。浮体式では、コンクリート製浮体を海底地盤に緊張係留する方法を考案し、日本海事協会からの設計基本承認を取得した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close