logo_tf_s.png
出光興産が30年までに再エネ4GW開発、石油需要減少を想定

出光興産は11月14日に発表した中期経営計画に、国内外の再生可能エネルギー電源の開発推進を盛り込んだ。電源開発量を2019年度の0.2GWから30年までに累計4GWに増やす。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close