logo_tf_s.png
長期停電を免れた睦沢町の「地産地消」スマートタウン

9月に襲来した台風15号は、千葉県全域の63万6500軒に停電被害をもたらした(千葉県の9月9日、10時30分の情報)。そんななか、千葉県睦沢町の「むつざわスマートウェルネスタウン」では、自前の発電機を稼働させて短時間で電気が回復した。台風災害によって大手電力会社が需要者に電気を送る集中型エネルギーシステムの脆弱性が顕在化し、「地産地消」の分散型電源に関心が集まる。ウェルネスタウンの事業関係者には、10月末までに自治体などから50件を超える問い合わせが寄せられている。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close