logo_tf_s.png
電線共同溝事業を加速/国交省 設計と施工を包括発注

国土交通省は、無電柱化の1つの手法である電線共同溝事業で、設計と施工の包括発注を始める。各地方整備局で1件ずつ試行し、2019年度後半に発注する。包括発注により、平均7年を要する事業期間が4年に短縮できると想定される。国交省は20年度までに延長約1400㎞の無電柱化に着手する目標を18年度に設定しており、一部の整備局で取り組んでいるPFIと2本柱で事業を加速化する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close