logo_tf_s.png
再整備へ市場調査/岐阜市中央卸売市場/11月8日まで参加申込み

岐阜市中央卸売市場は、施設の老朽化などの課題に対応するため、2028年ころまでに市場の再整備を実施する予定だ。想定事業費は70億-90億円。整備手法や民間活力を導入した余剰地の活用などを検討するため、サウンディング調査を実施する。PPP/PFIによる整備事業の主体となる民間事業者から市場性などの意見を求める。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close