logo_tf_s.png
SBエナジー(1)地球規模の再エネ開発、AI・IoTとの融合目指す

国内の再生可能エネルギー発電施設の開発を足がかりに、モンゴル、インド、サウジアラビアなど地球規模で開発計画を進めるソフトバンクグループ。エネルギー、AI・IoT、モビリティーを事業の軸として、再エネ発電事業を超越した事業展開を目指している。ソフトバンクグループ子会社で、自然エネルギー事業を担う三輪茂基SBエナジー社長に話を聞いた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close