logo_tf_s.png
横浜市がカジノ誘致、年820億~1200億円の増収見込む

横浜市は8月22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致すると発表した。場所は横浜港の山下ふ頭(47ha)で、2020年代後半の開業を目指す。市は、誘致によるIR区域内での消費額を年4500億~7400億円と試算。入場料収入や法人市民税、固定資産税などで年820億~1200億円の増収を見込んでいる。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close