logo_tf_s.png
インタビュー・東村山市経営政策部資産マネジメント課長 堀口裕司氏

東京都東村山市はPPP手法の1つとして、国内初の事業スキームとなる「公民連携地域プラットフォーム連動随意契約保証型民間事業者提案制度」を導入した。「民間チャンネルを1つ増やすことで、公民連携の可能性が広がる」と語る堀口裕司経営政策部資産マネジメント課長に導入意図などを聞いた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close