logo_tf_s.png
包括マネジメントで運営リスク低減、日本観光自動車道協会が構想

一般社団法人日本観光自動車道協会が、会員企業の運営する道路を対象に、一定の基準で維持管理する包括アセットマネジメントシステム(AMS)の導入に向けて取り組んでいる。維持管理の品質を担保し、道路損傷などによるリスクを低減して保険料などを引き下げる狙いがある。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close