logo_tf_s.png
運営権付与で競争的対話/水道事業の官民連携手引き/厚労省改訂案

厚生労働省は、『水道事業における官民連携の手引き』の改訂案を公表した。地方公共団体事業型の公共施設等運営権(コンセッション)方式を採用する場合は、競争的対話方式によって聞いた民間事業者の意見を実施方針や要求水準書に反映することが有効とし、同方式活用の留意点などを示している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close