logo_tf_s.png
21年に総パネル出力250MWは達成可能、タカラレーベン・インフラ投資法人

タカラレーベン・インフラ投資法人の資産運用会社であるタカラアセットマネジメントは7月16日、2019年5月期(18年12月1日~19年5月31日)の決算説明会を開催。21年3月にパネル出力を合計250MWとするグループ目標に向け、スポンサーであるタカラレーベンと足並みをそろえていく方針を示した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close