logo_tf_s.png
旧奈良監獄・事業再構築(3)SPC代表「工事費はまだ削れると思う」

2018年2月にSPC「旧奈良監獄保存活用株式会社」の代表を引き継いだ野田総合法律事務所・第二室代表の野田謙二弁護士。銀座交詢ビルディングの建て替えなど、難易度の高い都市部の大規模再開発事業を多数、手がけてきた経験の持ち主だ。事業の現状と見通しについて質問した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close