logo_tf_s.png
旧奈良監獄・事業再構築(1)清水建設は出資せず工事範囲も限定

旧奈良監獄のコンセッション事業に、協力企業として青木あすなろ建設と石本建築事務所が参画する見通しだ。コンソーシアムの一員として工事の中心的な役割を担う清水建設は、工事範囲を限定して携わる。同社はSPC(特別目的会社)に出資しない方針だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close