logo_tf_s.png
最大30万kW想定/宮城山形北部風力発電/グリーンパワー

グリーンパワーインベストメント(東京都港区、坂木満社長)は4日、(仮称)宮城山形北部風力発電事業の計画段階環境影響配慮書の縦覧を開始した。2024年5月の着工、26年8月の完成を予定し、試運転を経て、同年12月の営業運転開始を目指す。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close