logo_tf_s.png
鳥取県立美術館整備運営PFI/債務負担に149億設定

鳥取県は、PFIを導入する県立美術館整備運営事業の事業期間全体にかかる事業費総額(施設整備費、運営費)の債務負担行為149億1009万円を設定し、6月補正予算案に盛り込んだ。議会での議決を経て、7月にもPFIに基づく特定事業を選定するとともに、WTO対象の総合評価一般競争入札を公告する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close