logo_tf_s.png
南紀白浜エアポート・明光バス・JR西日本が異例の連携、「パイを奪い合わない」

コンセッション方式で南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポート(同)、明光バス(同)、JR西日本和歌山支社は5月20日、包括連携協定を結んだ。紀南(和歌山県南部)で飛行機、バス、鉄道を乗り継ぐ際に待ち時間が長いといった課題の解決法を検討して、地域を活性化させる狙い。​​​​​​

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close