logo_tf_s.png
近畿整備局の明石海峡公園淡路地区海岸ゾーン/アクアイグニスグループに

近畿地方整備局は、国営明石海峡公園淡路地区海岸ゾーン「シースケープ・ラウンジ」で複合温浴施設などの公園整備を実施する民間事業者としてアクアイグニスを代表法人とするグループを選定した。構成法人はくにうみアセットマネジメント、フィーストインターナショナル、淡路国。国営公園では第1号となる公募設置管理制度(Park―PFI)事業で、同者のほかにパソナグループが提案書を提出した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close