logo_tf_s.png
64.9億で東亜建設工業グループに/木更津市BTO新火葬場

千葉県木更津市は、BTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIを導入する木更津市新火葬場整備運営事業を総合評価一般競争入札した結果、64億9045万2697円(税別、以下同)の東亜建設工業グループに決めた。東亜建設工業を代表企業に富士建設工業、千葉ネスコで構成し、梓設計、荒井設計事務所、日立キャピタルが協力企業で参画している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close