logo_tf_s.png
奈良市上下水道コンセッション、導入見送りで見えた課題

近畿経済産業局とPFI/PPP推進協議会は、PFI/PPPセミナーを2月22日に大阪合同庁舎で開催した。講演した奈良市企業局設計工務部官民連携推進課の中川学主任は、中山間地域の上下水道にコンセッション方式を導入しようとしたものの、議会で否決され、包括委託に舵を切った経緯や課題を述べた。その概要を紹介する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close