logo_tf_s.png
藤沢市民会館/再整備で市場調査/建替え軸に複合施設計画

神奈川県藤沢市は、老朽化が進み、現在地で建て替えを軸に再整備の検討を進めている藤沢市民会館について、2019年度にサウンディング型市場調査(対話)を実施する。実施時期は未定。過年度の調査で事業費約120億円を見込み、同会館と隣接地で同じく老朽化が進む南市民図書館や市民ギャラリーなどとの複合施設整備を計画している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close