logo_tf_s.png
宮城の太陽光でプロジェクトファイナンス、52億円調達

一般社団法人角田ソーラーエナジーが設立した合同会社角田電燃開発は、宮城県角田市での太陽光発電所の整備を目的にプロジェクトファイナンスを組成し、約52億円を調達した。総事業費は非公表。A b a l a n c eの連結子会社のWWBが角田ソーラーエナジーに基金を拠出している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close