logo_tf_s.png
座談会「10年後の太陽光投資」(1)浮かび上がった課題、成長への兆し

出力制御や未稼働太陽光発電設備のFIT(固定価格買取制度)見直し問題に揺れた太陽光投資市場だが、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資への関心の高まりなど、追い風も吹き始めている。10年後の太陽光発電市場はどうなっているのか。インフラ投資に詳しい有識者3人が議論した。(全5回、2018年12月収録)

<スピーカー>
大和エナジー・インフラ ソリューション部次長 藤田学博氏
アールジェイ・インベストメント 取締役 財務管理部長 松尾真次氏
大和信用金庫 資金証券部次長 平井洋士氏

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close