logo_tf_s.png
再エネ100%のデータセンター建設、京セラコミュニケーションシステム

京セラコミュニケーションシステム(京都市)は1月7日、北海道石狩市に再生可能エネルギー100%で運営するデータセンターを建設すると発表した。2019年4月に着工し、21年中に稼働予定だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close