logo_tf_s.png
JERAが台湾と英国で洋上風力発電に参画、マッコーリーなどから権益取得

東京電力と中部電力のエネルギー事業の合弁会社であるJERAは、台湾と英国で洋上風力発電事業に参画する。同社にとって初めての洋上風力発電事業だ。台湾の事業は、権益の32.5%をマッコーリー社とスワンコール社から取得することで合意。英国の事業は、権益の24.95%の取得について丸紅と合意した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close