logo_tf_s.png
大津市ガスコンセッションで実施契約、1%値下げへ

滋賀県大津市は12月25日、大阪ガスなど3社で構成するコンソーシアムに対し、市100%出資の新会社「びわ湖ブルーエナジー」の株式を譲渡して、びわ湖ブルーエナジーとコンセッション事業の実施契約を結んだ。市が12月26日に発表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close