logo_tf_s.png
太陽光上限15.5円にカナディアン、パシフィコ、スパークスなど落札

太陽光で発電した電気の買い取り価格を決める第3回の入札は、1kWh当たり15.5円の上限価格に対し、カナディアン・ソーラー・プロジェクトを母体とする合同会社やパシフィコ・エナジー、スパークス・グリーンエナジー&テクノロジーなど7者が落札した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close