logo_tf_s.png
関西エアポート4~9月の純利益23%減、台風が打撃

関西国際空港、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港を運営する関西エアポートの2018年4~9月期連結決算は、純利益が114億円となり、前年同期に比べ23%減少した。台風21号の影響で35億円の特別損失を計上したため。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close