logo_tf_s.png
三菱商事が英国海底送電事業の運営で優先交渉権、総事業費500億円

三菱商事は、英国100%子会社のDiamond Transmission Corporation(ダイアモンド・トランスミッション・コーポレーション社、DTC)を通じて、海底送電資産運営事業の優先交渉権を獲得したと12月5日に発表した。総事業費は約500億円(3万2910万ポンド)。2019年度中に運営事業権を取得後、20年間にわたり運営する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close