logo_tf_s.png
国交省が2月に公共空間活用作戦会議/柔軟で多様、自由な発想で官民連携

国土交通省は、地方自治体の公的不動産活用の取り組みを広げるため、民間の柔軟で多様、自由な発想を採用する新たな取り組みを始める。2019年2月に公共空間の活用アイデアを持つ民間事業と自治体の対話型イベント「公共空間活用作戦会議」を開催する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close