logo_tf_s.png
北部汚泥資源化Cに債務負担48億/横浜市12月補正案

横浜市は12月補正予算案を公表した。主な案件では「北部汚泥資源化センター下水汚泥処理設備の整備及び維持管理」に、2019年度から38年度までを期間に限度額48億円の債務負担行為を設定する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close