logo_tf_s.png
八千代市庁舎整備/DB、ECIに優位性/懸念解消へ独自手法も検討

千葉県八千代市は、庁舎整備についてDB(設計施工一括)とECI(施工予定技術者事前協議)の各方式のデメリットを解消できる新たな事業手法を検討する考えを明らかにした。各方式による計画に優位性が高いとしたものの、いずれも懸念点があることを踏まえた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close