logo_tf_s.png
日本アジアグループが森林事業の体制強化、社有林5000haに

日本アジアグループは、森林活性化事業を強化するため、子会社であるJAGフォレストに推進主体を一元化する。社有林総面積は18年11月末時点で5053haになった。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close