logo_tf_s.png
2月下旬に入札公告/名大のBTO人材育成拠点複合施設

名古屋大学は、PFIを導入する「名古屋大学(東山)地域連携グローバル人材育成拠点施設整備等事業」の実施方針を公表した。BTO(建設・譲渡・運営)方式を採用し、名古屋市千種区不老町の東山キャンパス内(敷地1万2930㎡)に新たな複合施設を建設する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close