logo_tf_s.png
清水建設の木質バイオマス発電始動、長野で30億円投じ発電所建設

清水建設は11月30日、長野県東御市の羽毛山工業団地で約30億円を投じ、2MWクラスの木質バイオマス発電所の建設に着手した。竣工は2020年5月末の予定。以後20年間にわたり、FIT(固定価格買取制度)を活用した発電事業を展開する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close