logo_tf_s.png
PFI検討の鳥取県立美術館/11月20日、受注者選定等審査会

鳥取県は20日、PFIの導入を検討している県立美術館整備運営事業の事業者選定等に向けた「鳥取県教育委員会公募型プロポーザル方式受注者選定等審査会」を発足し初会合を開く。事業者選定のための落札者決定基準や事業者および事業提案書の審査などを担う。15日の定例会見で平井伸治知事が審査会の発足を明らかにし「2018年度いっぱいで実施方針をまとめる。教育委員会で具体的な作業を始めることになる」と話した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close