logo_tf_s.png
前田建設が仏スエズと業務提携へ、国内上下水道コンセッション狙う

前田建設工業とフランスのスエズは、日本の上下水道運営における業務提携に向けて、11月7日に覚書を結んだ。今後、見込まれる宮城県などのコンセッション事業の受注を視野に入れている。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close