logo_tf_s.png
スパークスの「未来再エネファンド」、236億円で運用開始

スパークス・グループの「未来再エネファンド」が、11月から運用を開始した。トヨタが100億円出資することを明らかにしているが、新たに中部電力、三井住友銀行、みずほ銀行が出資者に加わり、236億円で設立した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close