logo_tf_s.png
ESCO事業で進む照明灯LED化、川崎市は電気代年1.4億円削減予想

自治体がESCO(Energy Service Company、エスコ)事業で照明灯を発光ダイオード(LED)化する事例が相次いでいる。この1カ月だけでも、栃木県や川崎市などがESCO事業者の募集を始めた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close