logo_tf_s.png
洋上風力促進法と水道法改正が焦点、臨時国会

今国会では、インフラ投資ビジネスに関連のある法案として、洋上風力促進法案と水道法改正案の成立を目指している。政府は11月6日、洋上風力促進法案(海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案)を閣議決定した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close