logo_tf_s.png
未来投資会議「スーパー・シティ」提言

政府は11月5日、成長戦略を検討する未来投資会議(議長:安倍晋三首相)構造改革徹底推進会合の「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)を開いた。第4次産業革命会合の竹中平蔵会長は、今後の検討の方向性を提示。この中で、コンセッションの手法を活用して、都市経営に革新的な手法を導入し、「スーパー・シティ」の目指す自治体を支援する仕組みの創設を示した。予算措置も視野に入れている。ただし、具体的なことは決まっていない。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close