logo_tf_s.png
岩手県の汚泥再生処理センターDBO、日立造船連合が83億円で受注

日立造船を代表とするコンソーシアムは、岩手県の久慈広域連合(構成市町村:久慈市・洋野町・野田村・普代村)から、久慈地区の汚泥再生処理センターの整備・運営事業を83億7200万円で受注した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close