logo_tf_s.png
青森銀行が八戸市の防犯灯LED化に3.6億円のシンジケートローン組成

青森銀行は、八戸市の防犯灯の発光ダイオード(LED)化事業で、事業者の八戸電気工事業協同組合(八戸市)に対し、総額3億6000万円のシンジケートローン(複数の金融機関でシンジケート団を組成し貸し付ける形態)をこのほど組成した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close